ただのまゆの考察

私まゆが考えたことをまとめました。

14.もしも自分の未来が二つあったらどっちを選ぶか。

今の時代、タイムマシーンは存在しない。もしかしたら世界のどこかではもうすでにあるのかもしれないが普及していない今ないものとする。

 

人生の中では選択を迫られるときが多々ある。自分が選んだ方とは別の方を選んだらどうなっていたか考える人も多いはずだ。選択した先にもまた新たな選択があるため途方もない数の未来が存在することになる。

だが、ここでは一つの選択を取り上げ、その先は二つしかないとして話を進める。そしてその未来は良いものと悪いものの二つのみと考える。また、その未来は決して変わらないとする。極端な例ではあるがついてきてほしい。

 

 

未来のパターンが良いものと悪いもののみと考えた場合

1.良い未来と良い未来

2.良い未来と悪い未来

3.悪い未来と悪い未来

この3つのパターンが存在する。

 

1の良い未来と良い未来の二つの未来があった場合どちらを選んでも自分は幸せになれる。あとはどの幸せを選ぶか。という話になる。

 

2の良い未来と悪い未来の二つがあった場合たいていの人は良い未来を選ぶだろう。

 

問題は3の悪い未来と悪い未来の場合である。どっちを選んでも自分は不幸になる。不幸になることを知っていて自分で選択をするのだ。

 

 

もし、すべての人間が自分の未来を見ることができたら

良い未来という選択肢がある人は幸せを選び生きていくだろう。

しかし、悪い未来しかない場合その人は最終的に不幸になるのだ。不幸になるとわかっていて生きるのは非常に辛い。もし、その不幸がなんなのかがわかってしまった場合さらに辛いものとなる。

では、自分で死を選び今世を終わらせようと思ったとしよう。だが、ここでの話では未来は決して変わらないこととしている。つまり、死のうとしても死ねず結局不幸の結末まで生きながらえるのだ。

 

 

実際の世界では

実際私たちは未来を見ることができない。つまり、自分の選択が正しいのか悩みながら生きていくしかないのだ。そして自分で人生を終わらせることのできる自由も持っている。今の自分の行動で未来を変えているのかもわからない。そこが人生の面白いところとも言えるが面白いと感じられる人は非常に心に余裕のある人だ。

 

まとめ

もしも自分の未来が二つありどちらかを選ぶとした場合。自分から不幸を選ぶ人はそうそういない。つまり、良い未来の選択肢のある人と、悪い未来しか選択肢にない人はとてつもない格差となる。タイトルの答えとはずれるが、未来は見えない方がいい。私はそう思う。

次また未来の話が出てきた時にはもう少し広げて考えようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13.一体夏は何時終わり秋は何時から始まるのか。

9月に入り気温も落ち着き肌寒くなってきた。季節の変わり目は体調を崩しやすいものである。さて、今は夏か?秋か?

 

まず、私の意見を述べておく。

私の意見は「秋」だ。

私の中で今年は「9月」に入った時点で「秋」。今年はということは私の中では秋の始まりは毎年変わる。

「夏休みが終わった」「蝉が鳴かなくなった」「秋の虫が鳴いている」「日が暮れるのが早い」「気温が下がった」「秋のにおいがする」「秋祭りが始まった」「運動会がある」などいろいろな要因で秋の訪れを感じることがあると思う。

その中で私は月が変わったことによって明確に「秋」になったと感じた。

 

話はそれるが・・・・・・

月いうものは毎年変わらない。うるう年など例外はあるが毎年同じである。それを指標に物事を考えるのが共通認識として使いやすいだろう。

日本には春夏秋冬がある。それを12か月で考えると一つの季節は3か月分となる。

春と言えば4月だろう。しかしそこから3か月と考えると6月いっぱいである。しかし6月は春だったのだろうか?いや、夏な気もする。

6月から夏だ。と考えると8月いっぱいまでが夏になる。私は9月から秋だと考えるのでここの辻褄は合う。では秋だ。9月から秋とした場合11月いっぱいが秋になる。ここが微妙である。確かに11月は秋という気もするが雪が降ってしまえば冬のような気もしてくるのだ。

次の冬であるが12月から始まる。12月が冬というのはみんな納得できると思う。ここで3か月を取ると2月いっぱいまでとなり3月があまり自動的に3月が春となる。卒業シーズンで桜がイメージされることもあるため3月が春でも間違ってはいないのかもしれない。

 

ちょっとまとめよう。

春 3月~5月

夏 6月~8月

秋 9月~11月

冬 12月~2月

これがあくまで私の見解である。

 

少し話が逸れてしまったような気がするが、季節の変わり目を全国民で共通の認識にするには月で区切った方がよいと思う。

 

気象庁ではどう決めているのか。

  3月から5月までの期間。
  6月から8月までの期間。  
  9月から11月までの期間。  
  12月から2月までの期間。  

 

気象庁|予報用語 時に関する用語

 

といった結果が出た。私の認識と一緒である。

他にも年度ごとや昔の暦によってまた違う分け方になっていたが長くなるので割愛する。

 

 

ここからが本題である。

みんなは何時から秋だと感じるかだ。

月などの変わらないもの以外に秋を感じる話になる。

1.虫

まず初めに虫である。夏には蝉やカブトムシ、秋には鈴虫やコオロギなどである。蝉の声から鈴虫の声に変わって秋を感じる。非常に風情のある秋の感じ方だ。

 

2.気温

きっと多いだろうと思うのが気温である。少し肌寒くなりクーラーや扇風機がいらなくなり長袖の準備を始める。秋物の服を出すときに秋を感じる。とても生活感のある秋の感じ方だ。

 

3.日暮れの速さ

まだ17時なのにこんなに暗いの?!と驚くことがあるだろう。日が短くなったんだなあとしみじみ感じる。これも風情のある秋の感じ方だ。

 

4.ハロウィン

ここ数年でハロウィンは立派な季節の行事となった。街中でハロウィンの飾りつけやお菓子などを目にするようになる。ハロウィンは10月の終わりだろ?と思いつつ世間はハロウィンに向けて動き出している。なんだか企業戦略に飲み込まれているような秋の感じ方だ。

 

5.夏休みの終わり

夏休みが終わったら秋という考え方もあるだろう。ただちょっと思ったのが冬休みと春休みだ。この2つは終わっても冬や春が終わったと考える人は少ないように思う。これは夏休み限定なのかもしれない。子供とその親に当てはまる秋の感じ方だ。

 

6.秋のにおい

たまにいるにおいを感じるタイプである。明確に何のにおいか聞かれてもそれは秋のにおいだ。これも非常に風情のある秋の感じ方だ。

 

7.食欲が出てきたら

きっと夏は夏バテしていたのだろう。秋は食欲の秋とも言われるほど食べ物がおいしい季節である。食いしん坊の秋の感じ方だ。

 

 

とりあえず7つ挙げてみた。

このほかにもいろいろあるだろう。

 

 

 

まとめ

今回は何時から秋なのか。について考えてみた。

私の答えは9月から秋。であるが、秋を感じる要因にはいくつもある。

今回は7つを取り上げた。当てはまるものはあっただろうか。

比較的四季のはっきりしている日本だが、海外がどういう区分なのかも気になるところだ。

 

12、雷を怖いと感じるか否か

雷といえば怖い、恐ろしい。そう感じる人が多いだろう。だが、わくわくしてしまう人がいるのも事実である。

 

雷とは何か

 雷は、大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、放電する現象です。放電する際に発生する音が雷鳴で、光が電光です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電(落雷)といい、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。

雷を発生させる電荷の分離は、雲の中で「あられ」と氷晶(小さい氷のつぶ)の衝突により起こると考えられています。湿った空気が激しく上昇して上空の低い温度の層に達すると「あられ」や氷晶が多量に発生し、雷雲となります。このため、雷は上空高くまで発達した積乱雲で発生し、雷雲の背丈は夏は7km以上、冬は4km以上となります。

気象庁|雷とは?

子供にもわかりやすいように解説されたものを発見した。

かみなり正体しょうたい電気でんきです。電気でんきには、かならずプラスとマイナスがあります。電気でんきは、このプラスとマイナスのあいだながれるときに、いろいろなはたらきをするのです。
かみなり電気でんきも、ふつうの電気でんきおなじでプラスとマイナスのあいだながれます。ただ、ふつうの電気でんきすこしちがうところは、空気くうきちゅうながれるということです。ふつうの電気でんきは、電線でんせんてつをつたわってながれますが、かみなりは、雷雲らいうん(かみなりぐも)のなか電気でんき発生はっせいし、はなれたところのプラスとマイナスのあいだ電流でんりゅうながれたときに発生はっせいするのです。
空気くうきというのは、ふつうは電気でんきとおしません。しかし、かみなり電気でんき非常ひじょうつよいために、ふつうは電気でんきとおさない空気くうきちゅうでもむりやりながれてしまうのです。このとき、空気くうきあつくなりはげしくふるえます。
この空気くうきのふるえが、あのかみなりの「バリバリ」や「ゴロゴロ」といったおとになるのです。つまり、かみなりおとは、空気くうき電気でんきでふるえておとというわけです。

雷はどうしてなるの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

 

つまり簡単に言ってしまえば雷は電気である。

静電気とは比べ物にならないほどの電気であることは明白である。

 

雷を怖いと感じる理由

雷を怖いと感じる理由として、生命の危機というのが大きいだろ。当たったらひとたまりもない電気の塊である。電流だけではなく光、音、地響きなど非日常ばかりで怖いと感じるのは当然である。ではなぜ怖いと感じない人がいるのか。

 

雷をわくわくしてしまう理由

なぜ、そんな危険な雷にわくわくしてしまうのか。実はそれは生命の危機を感じているからではないかと言われている。 生命の危機を感じると、アドレナリンという物質が分泌され交感神経を刺激する。アドレナリンは心臓の拍動や血圧、体温などを上げる作用があり、身体だけでなく精神も興奮し緊張した状態になる。

 

つまり、無意識の内に危機に対処できるようになっているのだ。

 

普通、危機を感じた時がどきどきするものであるが、そのドキドキをわくわくしているときのドキドキと勘違いすることによって雷をわくわくすると感じてしまうのだ。

 

吊り橋効果は聞いたことがあると思う。

吊り橋効果を簡単に言うと不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に対し、恋愛感情を持ちやすくなる効果のこと。つまり、不安や恐怖のドキドキを恋愛のドキドキと勘違いしてしまうということである。

これと同じような現象で雷にわくわくしてしまうのだ。

 

まとめ

雷をわくわくすると回答する人は不謹慎でも強がっているわけでもない。生命の危機のドキドキをわくわくと勘違いしているだけである。雷だけでない、豪雨や台風などでわくわくするのも同じである。

雷をわくわくする自分なんてなんていけない人なんだろうと思う必要もない。アドレナリンの影響である。

ただ、わくわくするからと危険を冒して雷に当たるなどということだけはないようにしてほしい。

 

おもしろサイエンス 雷の科学 (B&Tブックス)

おもしろサイエンス 雷の科学 (B&Tブックス)

 
雷探くん 携帯型 雷 探知器 NTD-P01

雷探くん 携帯型 雷 探知器 NTD-P01

 

 

 

 

11.ストレス解消がお酒による弊害

ストレスとはなんなのか。

生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である*1

 

ストレスには大きく分けて二種類がある。

  • 身体的ストレス(病気、けが、通勤、通学、不規則な生活、環境など)
  • 精神的ストレスの(就職、転職、入学、学校問題、結婚、離婚、育児、人間関係など)

である。精神病はどうなのかはこれをみると非常に難しいように感じる。精神病というと精神的なストレスのような気もするが病気となると身体的なストレスのような気もする。まあ、この二種類に大まかに分けただけなのでどちらにも当てはまることはあるだろうし、どちらにも当てはまらないこともあるだろう。

 

よく言われるストレス解消法

[ランキング] とっておきのストレス解消法ランキング1位から10位|たくさん寝る,たくさん食べる,衝動買いをする/散財をする|他 - gooランキング

 

この記事を参考に考えてみよう。

1位たくさん寝る

2位たくさん食べる

3位衝動買いをする/散財をする

4位お酒を飲む

5位友達とたくさんしゃべる

6位音楽をきく

 

取り合えず6位までを書き出してみた。たくさん〇〇するというのがストレス発散するにいいという考えの人が多いようだ。4位のお酒を飲むだが、「たくさん」がついていないところを見るとほどほどにしている人が多いのだろう。

 

お酒によるストレス解消のメリット

お酒がもたらす身体的なメリット|人とお酒のイイ関係|アサヒビール

ちょうどいい記事を見つけた。

まず精神的な話だ。

お酒を飲むと気分がよくなるのは、お酒を飲む人ならわかるであろう。ちょっと専門的に言えばアルコールが大脳新皮質の働きを鈍くするからだ。それによって、感情や衝動、食欲、性欲などの本能的な部分を司る大脳の古い皮質(旧皮質や辺縁系)の働きが活発になり、精神が高揚し、元気も出てくる。酔った時に現れるのが本性だ。という話があるが間違いではない。

 

次に肉体的な話に移る。

“適量のお酒は体によい”ことを示すのが「Jカーブ」という考え方である。イギリスのマーモット博士が発表した「飲酒と死亡率のJカーブ効果」という疫学調査によるもので、調査結果を見ると、毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人や時々飲む人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にある。ただし、ここで

大事なのは毎日大量飲酒する人やアルコール依存症患者では、冠動脈疾患による死亡率が極端に高くなっているということである。

 

ほぼほぼアサヒビールさんの記事に合わせて書いたのでアサヒビールさんの記事を見てくれればいい。

 

お酒によるストレス解消のデメリット

 

ここでのデメリットの話は飲みすぎということを前提に進めていく。

  • お金がかかる

まず、金銭面から行こう。お酒を飲む人がお金がかかるというのは飲食店のメニュー表からもわかるだろう。さらにお酒の強い人になればもっとかかってしまうのだ。お酒好きという人でもチューハイばかり飲む人やウイスキー、日本酒、焼酎。様々である。単に酔えればいいという人はアルコール度数の高いものを選ぶがこだわりがある人は余計高いお酒に手を出すこともある。

 

余談だが、私自身お酒を飲み始めた頃は酔えればよかった。今も酔いたいと思って飲むが前ほどバカみたいな飲み方はしない。バカみたいの例として大学生を挙げる。大学生全体をいうのではなくごく一部の人に対していってるということを理解してほしい。一気飲みというものがある。コールに合わせて一気にお酒を飲むというものだが、実にもったいない。お酒を飲めるようになって調子に乗りすぎである。急性アルコール中毒の危険性を理解していない。まあ、上下関係から断れないというのもあるだろう。実際私もサークルの飲み会で一気をさせられそうになったことがある。しかも大学1年生の時だ。未成年である。未成年とわかっていて飲ませるということについて何も思っていないのだ。そのとき渡されたのはピッチャーにはいったビールだったが、お酒を飲んだことがないと伝えるとさすがにまずいと思ったのかそれ以降一気させようとしてくることはなくなった。まあ、20歳になって飲み始めると一気なんて余裕身体だということに気付いたのだが......

 

  • 二日酔い

次の話に移るが、体調面である。飲みすぎによる肝臓への負担とかは聞いたことがあるかだろうから割愛する。ここでは二日酔いについて書いていこう。

二日酔いの主な症状としては吐き気と頭痛であろう。私の場合頭痛より吐き気が強くでる。二日酔いの原因としてはアルコールのとりすぎだが、実際アルコールが悪さをしているわけではない。アルコールを分解する途中にできるアセトアルデヒドという物質によって起こるのだ。普段通りの飲酒量ならアセトアルデヒド代謝が間に合うのだが、大量に飲酒してしまうと代謝が追い付かず二日酔いになるのだ。この話については諸説ある。二日酔いの症状が出るころには血中のアセトアルデヒド濃度が下がってるためアセトアルデヒドが原因ではないのでとも言われているのだ。まあ、今でも教科書にはアセトアルデヒドによるとなっているのでそういうことにしておこう。ちなみに短時間で二日酔いの症状が現れるのは悪酔いという。

 

とりあえず、この二つを挙げておこう。お酒でやらかす人は多いだろう。

 

 

最後に、お酒を飲む人にお酒を飲まない人との食事のお願いというかなんというか

最近ではお酒をほとんど飲めない人や飲まない人も多い。私のまわりも飲めない人の方が多い。お酒を飲まない人との食事でお酒を頼むかどうかという話から始めよう。私は昼からでも飲みたいタイプだが、さすがにお酒を飲まない人とのランチタイムでの食事では頼まない。ディナータイムは頼む。そんな感じの友達が何人かいるのだが、たまに聞くのは「私は、お酒頼んでないのに向こうは何杯か頼んで、それなのに割り勘だった」というものだ。友達がソフトドリンクを頼んだのか水を飲んでいたのかはわからないがどっちにしてもお酒の方が高い。それで割り勘は納得いかない気持ちはすごくわかる。別にお酒を飲むなら奢れという話ではない。「私お酒頼んだからその分出すね」って言って多めに出せばいい。

私の親戚もすごいお酒を飲むのだが、仲良し4人グループには1人まったく飲めない人(以下A)がいる。その人は基本運転係だそうだが、不満もなく引き受けてくれるという。酒飲みにはありがたい話だ。さらに話を聞いていくとご飯に行くと何回かに1回はAには一切お金をもらわないでご飯を食べに行くそうだ。そこでバランスをとっているのかなるほどと思いつつ、Aにも話を聞いた。Aは「お酒を飲める人しかいけないようなとことに連れて行ってもらえるからうれしい」と言っていた。確かにお酒を頼まないと居づらい場所もあるだろう。こうやってwin-winの関係でやっていっているようだ。

 

勘違いしないで欲しいのは、酒飲みが飲まない人と行くときはお金を払えということではない。飲む飲まないに関してだけでなく配慮が必要だ。飲みすぎて世話になるなんてないようにしたいものだ。

 

話がそれていくが、デートの時の会計問題である。割り勘なんてありえないという話をたびたび聞くが、デート代を全部出してもらっておいて彼氏全然貯金ないんだけどみたいなことになってるんじゃないかと勝手に思ってしまう。大学生と社会人とかだったらまだ奢ってよとなる気持ちもわかるが二人とも学生なら割り勘が基本ではないだろうか。まあ、もちろん誕生日ぐらいは奢ってあげてほしいが。ガソリン代や駐車料金などどうするかという話もあるがまあ、きっちり割り勘はめんどくさいし細かいと思ってしまう。乗せてもらった側が「車出してもらったから払うよ」と言って少しぐらい出すのがベストかもしれない。酒飲みの話に戻るが時間を気にせず飲めるのにはハンドルキーパーがいるからだということを忘れてはならないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:Wikipediaより引用

10.寝ると具合が悪くなる話。

睡眠が苦痛

 

睡眠が苦痛な時ってあるんです。

昼でも夜でも体調が悪くなります。

 

どう悪くなるのか

 

  • 吐き気
  • 胸のざわつき

代表的なのはこの二つです。

少しでも寝ちゃうとこの症状が出てしまいます。

 

解決策

今のところ特にないです(笑)

よくなるまで休憩するしかないです。

 

 

今日は調子が悪いので短すぎる文章ですけど許してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

9.何をしていいかわからないから取り合えず文字を書いてみる。

何をしていいかほんとわからない。

やりたいことがあったようななかったような。

 

今、私は実家で働いている。休みは週に一回火曜日のみ。

実家にいるから少ない給料だが貯金はできる。

貯金しているといより使うところがない。

地元だが友達もいなければ田舎過ぎて遊ぶところもない。

出かける用事もなければ服を買う必要もない。

美容院に行くもの1年に一回だしまつエク、ネイルもしない。

使うのはお酒とたまの旅行。あとは家族の誕生日プレゼントや母の日父の日ぐらいだ。

 

何が楽しくて生きているのだろうか。

 

週一回の休みの日は昼頃起きてご飯食べて洗濯物たたんで、ジムに行くそんなものだ。

 

何のために働いているんだか本当によくわからなくなる。

 

仕事内容は非常に簡単だ。時間もかからない。

要領が悪くたって時間内に終わる。

たまに時間外の作業があるがまあ大したことはない。

やりがいなんて何もない。

使いどころのわからないお金をただ溜めているだけのようだ。

まあ、実際お金が多くて困ることはない。

お金がなければできないことだらけだからだ。

 

今の私は完全に檻の中にいる。

小さな会社に入り、一緒に働いているのは50歳を軽々しく超えた人たちだ。

趣味の話をするでもなし、休みの日に遊ぶでもない。

まあ、もともと仕事は仕事遊びは遊びという感覚でいるから特段不満はない。

 

ただ、趣味に充てる時間がないのは非常に困る。

実際大学時代いた愛知県の方が趣味の活動はできたし、友達も多かった。

愛知に戻りたいと思うのは自然な感情である。

 

さぁ、愛知県に行こう。

そう思ってすぐに動けないのには訳がある。

貯金が少ないというのも一つの理由であるが、家族を納得させるのが一苦労だ。

私の気持ちとして仕事を辞めて少し休んでバイト生活をして就職したいというのがある。

だが、親は定職に就くことが前提だ。

正直定職に就いた方が安定だし安全だろう。

ただ、根本的に私は精神障碍者であり気分変調症だ。

正直まだ全然治っていない。

 

正社員として責任を負って働けるという自信がないのだ。

バイトなら責任がないからできる。そういった考えではない。

少なくとも正社員よりは自由にシフトを組める。また、派遣バイトで単発バイトもできる。自分の体調と相談して自由に仕事ができるのではないかと思う。

貯金まで手は回らないと思うが、家賃と生活費で10万ちょっと稼げればなんとかなる計算だ。

今の貯金と合わせてやっていけばなんとかなるし、その間に職を探すことも考える。

 

今なにより実家をでて愛知県に行きたいのだ。

 

 

さあ、とりあえず、今日から転職活動だ。

 

 

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

転職の赤本

 

 

 

 

 

8、私が大学1年生前期で単位を8つ落とした理由

 

ウキウキで大学に進学して1年目の前期で8単位落としました。

私立理系の4年制大学です。

 

単位を落としたこの時は全く気分変調症じゃなかったです。

 

 

1.高校生気分が抜けてなかった。

 

 高校時代はまあまあ簡単なテストで赤点をとることもなく普通に進級してなんとなくで生きていけました。

 大学も指定校推薦でいったので死ぬほど勉強することもなく、秋には大学合格。

 頑張って入った大学でもないという感じがいけなかったのかもしれないです。

 

 もちろん、単位が取れなければ留年だし、卒業もできないということはわかっていましたけど、何とかなる気がしてたんですよね。

 

 

2.勉強する気がなかった。

 

 勉強の基本としてよく、予習復習って言われると思うんですけど、まず、そんなことはしてなかったです。

 授業自体は興味のある内容だったので、授業中はちゃんと聞いていましたし、理解していました。

ですが、復習しないので定着するはずもなく。。。

テスト前必死に勉強してテストに臨むそんな感じでした。

 

3.趣味に没頭しすぎた。

 

 これが一番の理由だと思います。

   私の趣味はライブです。

 有名アーティストの1組だけを好きだったらそこまで首を絞めることはなかったと思うんですけど、幅広く好きで特にインディーズバンドは一か月のライブ本数が多いので馬鹿みたいに行っていましたね。

 住んでいた愛知県だけでなく大阪奈良京都、東京と飛び回っていました。

 平日は学校もあるので授業が終わって速攻大阪、帰りは夜行バスでそのまま学校なんて生活でした。 

 一番すごかったのは一週間で3回もライブそのうち大阪が2回でした。しかも、一日空けてのライブだったので大阪に行って帰ってまた行ってというスケジュールでした。

1か月で最多8回のライブでした。普通の人だったら一年でも届かないと思います。

 

ライブに行くために早退したり、休んだりしていたので重症ですね。

友達からも行き過ぎと言われていました。

ライブ仲間の中では少ないほうだったんですけどね(笑)

 

まとめ

大学は無事卒業できました。

ライブも本数は減りましたが相変わらず行ってました。

今はだめでもこの先大丈夫になる。そう思ってもいいかもしれません。

 

ご家族の方心配しないでください。といっても無理かな......

理由にもよるって感じですね。