ただのまゆの考察

ただのまゆが思った事、疑問に感じたことを書いています。

4.病院でたくさんの機械につながれた話。

前回のブログで胸痛の話をしましたが、祖父が心臓が弱く母も昔心臓の薬を飲んでいたことがあったのでそういうたぐいの病気かなと思っていました。


循環器科を転々としどこも結果は異状なしでした。

 


ですが、最後に受けた病院で血液検査に引っ掛かりました。
血栓の数値が高かったのです。
検査結果が出た日に病院から直接大学病院にタクシーで向かうことになりました。
大学病院に着いたら車いすに乗せられ血液の酸素濃度を測り点滴をつながれました。
ベットに寝かされレントゲン室に移動するのもベットでいろんな機械をつながれ再び血液検査を行いました。
「特別な検査があるけど何%かの確率で死ぬかもしれない」と言われました。

親に電話するかどうか聞かれましたが私はしませんでした。


その説明を受けている間に血液検査の結果が出ました。

結果は異状なし。

前回血栓の値が高かった原因はわかりませんがその日はそのまま帰りました。
夕方病院に行ったのでその時はもう20時近かったです。
大きな病気じゃなかったので先生方も「よかったね」と言ってくださったのですが、私的には胸痛をなんとかしてほしいんですけどっていう感じでした。

まあ、ここまできて異状がなければもう精神的なものだろう。と思ったのでバイトをやめることにしました。

 

前回パチンコ屋のバイトをやめたときは電話一本で済ませましたが、今回の店長はそういうのは受け付けないタイプに見えたので、時間をいただいて直接お話をしました。

 

ぎりぎりの人数でやっていたのでやめるのではなく休むのはどうかとか色々言われましたが、心臓が痛くて精密検査が来週あってーーなどちょっと嘘をつきました。

そこで判明したんですけど、店長はずっと私の事精神的に不安定ではなく心臓が悪い子と思ってたようでなんか元気になったら顔を出してって言われてやめることができました。(結局一回も顔を出すことはなかったですけどね。1か月もいなかったので)

 

 

次は2つ目の精神科のお話。